コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

科料と過料 カリョウ/カリョウ

1件 の用語解説(科料と過料の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

科料と過料

科料は刑法の規定する刑の一つで、軽い犯罪について科す財産刑。罰金より軽く現在は一〇〇〇円以上一万円未満。過料は国または地方公共団体が行政上の軽い禁令を犯した者に対して科する金銭罰。また、反則金は軽い道路交通法違反について、刑としての罰金の代わりに行政上の処分として国に納付させる金銭。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

科料と過料の関連キーワード違警罪科料軽犯罪法刑法減刑点推定罰金軍刑法軽犯罪

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone