秘密灌頂(読み)ヒミツカンジョウ

デジタル大辞泉の解説

ひみつ‐かんじょう〔‐クワンヂヤウ〕【秘密×灌頂】

密教で行う灌頂の総称。
伝法灌頂を受けたのち、十地の位の阿闍梨(あじゃり)位を受ける最高の灌頂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひみつ‐かんじょう ‥クヮンヂャウ【秘密灌頂】

〘名〙 仏語
密教で行なう灌頂の総称
醍醐寺新要録(1620)「源運僧都記云、真言宗声明又秘密灌頂等、仁和醍醐一流也」
② 伝法灌頂(でんぼうかんじょう)を終えた者で、真理を悟った阿闍梨のうち特にすぐれた者に対してだけ行なわれる灌頂。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android