移動農業(読み)いどうのうぎょう(英語表記)shifting cultivation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

移動農業
いどうのうぎょう
shifting cultivation

耕地を移動させて行う最も原始的な農業。現在でも東南アジアアフリカ中南米の熱帯,亜熱帯地方で多少行われているが,生産力はきわめて低い。一般的には焼畑農耕によって行われ,だいたい1家族1~2haの山林を焼払い,残った草木の灰を唯一の肥料として,ハック (簡単な掘り棒) などの原始的な農具で耕す。2~3年で地力が衰えるので,他の場所に移り,同じことを繰返す。栽培される作物は,キャッサバ山芋,きび,とうもろこし,そば,陸稲,さつまいも,タロイモなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android