コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移動農業 いどうのうぎょうshifting cultivation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

移動農業
いどうのうぎょう
shifting cultivation

耕地を移動させて行う最も原始的な農業。現在でも東南アジアアフリカ中南米の熱帯,亜熱帯地方で多少行われているが,生産力はきわめて低い。一般的には焼畑農耕によって行われ,だいたい1家族1~2haの山林を焼払い,残った草木の灰を唯一の肥料として,ハック (簡単な掘り棒) などの原始的な農具で耕す。2~3年で地力が衰えるので,他の場所に移り,同じことを繰返す。栽培される作物は,キャッサバ山芋,きび,とうもろこし,そば,陸稲,さつまいも,タロイモなど。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

移動農業の関連キーワードカリマンタンティムール州メガラヤ州農業労働者原始農業玖珠町笠浩二耕地

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android