コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移動養蜂 いどうようほう

1件 の用語解説(移動養蜂の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

移動養蜂【いどうようほう】

専業養蜂家が蜂蜜(はちみつ)の収量を高めるため,温暖地から寒冷地へ,季節の花を求めて移動する養蜂日本列島を縦断する移動は大正時代初期に始められた。たとえば南九州でミツバチを越冬させ,ここで3〜4月にナタネなど,5月は中部日本ゲンゲレンゲ)など,6月は東北でトチノキなど,8月は北海道シナノキなどの蜜を採集する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

移動養蜂の関連キーワード蜂蜜養蜂白蜜底野迦蜂蜜蛾ハニー蜂蜜色混ぜ物ハチミツ (honey)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

移動養蜂の関連情報