コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

移動養蜂 いどうようほう

百科事典マイペディアの解説

移動養蜂【いどうようほう】

専業養蜂家が蜂蜜(はちみつ)の収量を高めるため,温暖地から寒冷地へ,季節の花を求めて移動する養蜂。日本列島を縦断する移動は大正時代初期に始められた。たとえば南九州ミツバチを越冬させ,ここで3〜4月にナタネなど,5月は中部日本でゲンゲレンゲ)など,6月は東北でトチノキなど,8月は北海道でシナノキなどの蜜を採集する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android