コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稀覯本 きこうぼん

大辞林 第三版の解説

きこうぼん【稀覯本】

めったにない珍しい本。古写本・古刊本・限定出版本などのため、数がきわめて少ない本。稀覯書。稀書。珍本。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の稀覯本の言及

【古本】より

…新刊書とは異なり,古書市場における需給関係だけで価格が左右される。現存部数が少なく,しかも内容や体裁において評価の高いものは〈稀覯本(きこうぼん)〉と呼ばれるが,それに対する関心の増減や経過年数,復刻など代替品の出現により不断に変化する。
[ヨーロッパ]
 ヨーロッパで古書と古書店の概念が確立するのは近世になってからである。…

※「稀覯本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

稀覯本の関連キーワードジョン ダニング大日本仏教全書高井 計之助今井田 勲覆刻・復刻希書・稀書多田等観稀覯書古刊本古写本豆本珍本

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稀覯本の関連情報