稀覯本(読み)きこうぼん

精選版 日本国語大辞典「稀覯本」の解説

きこう‐ぼん【稀覯本】

〘名〙 古書や限定版など、世間に流布することがまれで、珍重される書物。めったに見られない本。珍本稀覯書
※春興倫敦子(1935)〈福原麟太郎〉英京雑記「古書よりもむしろ標準的な研究書或は現代の稀覯本豪華版などを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の稀覯本の言及

【古本】より

…新刊書とは異なり,古書市場における需給関係だけで価格が左右される。現存部数が少なく,しかも内容や体裁において評価の高いものは〈稀覯本(きこうぼん)〉と呼ばれるが,それに対する関心の増減や経過年数,復刻など代替品の出現により不断に変化する。
[ヨーロッパ]
 ヨーロッパで古書と古書店の概念が確立するのは近世になってからである。…

※「稀覯本」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android