コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福原麟太郎 ふくはらりんたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福原麟太郎
ふくはらりんたろう

[生]1894.10.23. 広島,沼隈
[没]1981.1.18. 東京
英文学者,随筆家。芸術院会員。東京高等師範学校で岡倉由三郎に師事。 1919年東京文理科大学教授。『叡智の文学』 (1940) ,『トマス・グレイ研究抄』 (60) ,『チャールズ・ラム伝』 (63) ,『ヂョンソン大博士』 (66~68) などのほか,ラムの流れをくむイギリス的エッセーを日本に移入,『われ愚人を愛す』 (52) などの随筆集がある。著作集 12巻。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふくはら‐りんたろう〔‐リンタラウ〕【福原麟太郎】

[1894~1981]英文学者・随筆家。広島の生まれ。東京教育大学教授。著「チャールズ=ラム伝」「文学と文明」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

福原麟太郎 ふくはら-りんたろう

1894-1981 大正-昭和時代の英文学者,随筆家。
明治27年10月23日生まれ。昭和14年東京文理大(のち東京教育大)教授。退官後,共立女子大教授。日本英文学会会長。38年芸術院賞,39年芸術院会員,43年文化功労者。昭和56年1月18日死去。86歳。広島県出身。東京高師卒。著作に「トマス・グレイ研究抄」「チャールズ・ラム伝」,随筆集に「われ愚人を愛す」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふくはらりんたろう【福原麟太郎】

1894~1981) 英文学者。広島県生まれ。東京教育大教授。「チャールズ=ラム伝」「読書と或る人生」など滋味豊かな随筆を多く残した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福原麟太郎
ふくはらりんたろう
(1894―1981)

英文学者、随筆家。広島県の生まれ。東京高等師範学校英語科卒業。東京高師、東京文理科大学、東京教育大学、共立女子大学などの教授を務める。また学生時代から『英語青年』に執筆、のちには編集にも携わった。1929年(昭和4)ロンドン大学、ケンブリッジ大学に留学、トマス・グレイを研究、これはのちに『トマス・グレイ抄』(1960、読売文学賞)となって結実する。さらにシェークスピア、ジョンソン、ラムなどにも親しみ、『チャールズ・ラム伝』(1959~63)ではふたたび読売文学賞を受けた。ほかに『叡智(えいち)の文学』(1940)、『英文学の特質』(1954)などや、『われ愚人を愛す』(1952)、『野方閑居の記』(1964)など、味わい深い随筆集もある。64年芸術院会員。[山中信夫]
『『福原麟太郎著作集』全12巻(1968~69・研究社出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

福原麟太郎の関連キーワードグレー(Thomas Gray)コングリーブ(劇作家、詩人)実川 延若(2代目)プロレタリア文学福原 麟太郎昭和時代十二夜大正滋味

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android