限定版(読み)ゲンテイバン

大辞林 第三版の解説

げんていばん【限定版】

部数を限って出版する出版物やレコード・ CD など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

限定版

印刷部数を少量に限定し,同一組版での印刷を再び行わない出版物.部数は200部から500部程度が一般的だが,10部以下のこともある.発行部数が少ないので,値段は概して高価である.大部数出版に適さない内容のものを限定出版する場合と,正規版のほかに特装本として刊行される場合がある.限定版であることを示すために,通常,限定番号(copy number)が付与されており,著者の署名入り本となっていることもある.一般に「私家版」と呼ばれるものはほとんどが限定版でもある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

限定版の関連情報