コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稗史億説年代記 くさぞうしこじつけねんだいき

世界大百科事典 第2版の解説

くさぞうしこじつけねんだいき【稗史億説年代記】

黄表紙。3冊。式亭三馬画作。1802年(享和2)刊。外題に冠せられた〈又焼直鉢冠姫(またやきなおすはちかつぎひめ)〉の角書(つのがき)が示すように,岸田杜芳作《草双紙年代記》(1783)の小町少将の恋物語を鉢かづき姫の物語に転じて筋を立てている。同書にならって,草双紙が赤本,黒本,青本と変わり,当世風の黄表紙にいたるまでの変遷を,その作風と各画工に似せた絵で示す。巻頭に〈地本問屋の目印〉〈戯作者名寄(なよせ)〉があり,巻末に〈画工名尽(なづくし)〉〈名人戯作者六家撰〉〈名作青本略記〉などを掲げ,当時の黄表紙の作者,画工,作品の評価を示して後世に資するところが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

稗史億説年代記の関連キーワード毛氈をかぶる観水堂丈阿唐来参和穴を穿つ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android