コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稗史億説年代記 くさぞうしこじつけねんだいき

1件 の用語解説(稗史億説年代記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くさぞうしこじつけねんだいき【稗史億説年代記】

黄表紙。3冊。式亭三馬画作。1802年(享和2)刊。外題に冠せられた〈又焼直鉢冠姫(またやきなおすはちかつぎひめ)〉の角書(つのがき)が示すように,岸田杜芳《草双紙年代記》(1783)の小町少将の恋物語を鉢かづき姫の物語に転じて筋を立てている。同書にならって,草双紙が赤本,黒本,青本と変わり,当世風黄表紙にいたるまでの変遷を,その作風と各画工に似せた絵で示す。巻頭に〈地本問屋の目印〉〈戯作者名寄(なよせ)〉があり,巻末に〈画工名尽(なづくし)〉〈名人戯作者六家撰〉〈名作青本略記〉などを掲げ,当時の黄表紙の作者,画工,作品の評価を示して後世に資するところが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

稗史億説年代記の関連キーワード桃種成式亭小三馬式亭三馬浮世床浮世風呂古今百馬鹿樹下石上益亭三友西宮新六福亭三笑

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone