稗史億説年代記(読み)くさぞうしこじつけねんだいき

世界大百科事典 第2版の解説

くさぞうしこじつけねんだいき【稗史億説年代記】

黄表紙。3冊。式亭三馬画作。1802年(享和2)刊。外題に冠せられた〈又焼直鉢冠姫(またやきなおすはちかつぎひめ)〉の角書(つのがき)が示すように,岸田杜芳作《草双紙年代記》(1783)の小町少将の恋物語を鉢かづき姫の物語に転じて筋を立てている。同書にならって,草双紙が赤本,黒本,青本と変わり,当世風の黄表紙にいたるまでの変遷を,その作風と各画工に似せた絵で示す。巻頭に〈地本問屋の目印〉〈戯作者名寄(なよせ)〉があり,巻末に〈画工名尽(なづくし)〉〈名人戯作者六家撰〉〈名作青本略記〉などを掲げ,当時の黄表紙の作者,画工,作品の評価を示して後世に資するところが多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android