(読み)シベ

デジタル大辞泉 「稭」の意味・読み・例文・類語

しべ【×稭】

わらの穂のしん。わらしべ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「稭」の意味・読み・例文・類語

すべ【&JISF6FC;】

  1. 〘 名詞 〙
  2. わらの心(しん)。わらの穂の心。わらしべ。〔名語記(1275)〕
    1. [初出の実例]「すべ一本でも見免さない」(出典:夜行巡査(1895)〈泉鏡花〉四)
  3. わらぐつ。すっぺ。ずんべ。《 季語・冬 》

しべ【&JISF6FC;】

  1. 〘 名詞 〙
  2. (わら)の穂のしん。わらしべ。すべ。
    1. [初出の実例]「藁のしべをまはりにさし入れて、かねを隔てて、頸もちぎるばかり引きたるに」(出典:徒然草(1331頃)五三)
  3. 打藁のくず。

み‐ご【&JISF6FC;・稈心】

  1. 〘 名詞 〙 稲穂の心(しん)。藁(わら)外側の葉や葉鞘をむき去った上部の茎。わらしべ。わらみご。
    1. [初出の実例]「濂紙はみご一筋を隔にて」(出典:俳諧・瀬とり舟(1704))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例