コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲生恒軒 いのう こうけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲生恒軒 いのう-こうけん

1610-1680 江戸時代前期の医師。
慶長15年10月生まれ。医学を古林見宜にまなぶ。江戸で山城(京都府)淀(よど)藩主永井尚征(なおゆき)の侍医となり,寛文9年(1669)尚征の丹後(京都府)宮津への移封(いほう)にしたがう。晩年は生地大坂にかえり,延宝8年1月26日死去。71歳。遺著「螽草(いなごぐさ)」が長男の若水(じゃくすい)によって刊行された。名は屈顕,正治。字(あざな)は謙甫,見茂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

稲生恒軒の関連キーワード稲生若水稲生春子稲若水

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android