コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲生恒軒 いのう こうけん

1件 の用語解説(稲生恒軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲生恒軒 いのう-こうけん

1610-1680 江戸時代前期の医師。
慶長15年10月生まれ。医学を古林見宜にまなぶ。江戸で山城(京都府)淀(よど)藩主永井尚征(なおゆき)の侍医となり,寛文9年(1669)尚征の丹後(京都府)宮津への移封(いほう)にしたがう。晩年は生地大坂にかえり,延宝8年1月26日死去。71歳。遺著「螽草(いなごぐさ)」が長男の若水(じゃくすい)によって刊行された。名は屈顕,正治。字(あざな)は謙甫,見茂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

稲生恒軒の関連キーワード万霊光誉孔生部富世阿部春庵岡寿元岡本玄琳笠原重次津軽建広土岐宗璉安富三育吉田林庵

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone