コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲生恒軒 いのう こうけん

1件 の用語解説(稲生恒軒の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲生恒軒 いのう-こうけん

1610-1680 江戸時代前期の医師。
慶長15年10月生まれ。医学を古林見宜にまなぶ。江戸で山城(京都府)淀(よど)藩主永井尚征(なおゆき)の侍医となり,寛文9年(1669)尚征の丹後(京都府)宮津への移封(いほう)にしたがう。晩年は生地大坂にかえり,延宝8年1月26日死去。71歳。遺著「螽草(いなごぐさ)」が長男の若水(じゃくすい)によって刊行された。名は屈顕,正治。字(あざな)は謙甫,見茂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲生恒軒の関連キーワード徳川家綱難波鉦徳川家綱句合アンリル・ナン[兄弟]尼子義久アンリ[4世]兼見卿記ルイ[13世]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone