稲田 正純(読み)イナダ マサズミ

  • 稲田 正純 (いなだ まさずみ)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の陸軍中将



生年
明治29(1896)年8月27日

没年
昭和61(1986)年1月24日

出生地
鳥取県

学歴〔年〕
陸士〔大正6年〕卒,陸大〔大正14年〕卒

経歴
昭和4年フランス駐在となりフランス陸軍大学に留学。13年参謀本部作戦課長としてノモンハン事件の処理に当たり、太平洋戦争勃発当時は第5軍参謀副長。その後南方転戦、敗戦時は本土決戦主戦場に予定された九州地区の第16方面軍参謀長。21年4月九大における捕虜の生体解剖事件と敗戦時の米軍機乗員の捕虜殺害事件の責任を問われ、B級戦犯として巣鴨拘置所収容、26年釈放。その後電源開発嘱託、日米石油役員など務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1896年8月27日
大正時代;昭和時代の陸軍軍人。陸軍中将
1986年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稲田 正純の関連情報