コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉正成 いなば まさなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉正成 いなば-まさなり

1571-1628 江戸時代前期の大名。
元亀(げんき)2年生まれ。美濃(みの)十七条城主林政秀の次男。稲葉重通(しげみち)の養子。妻の福(春日局(かすがのつぼね))との間に正勝らをもうけた。小早川秀秋につかえ,関ケ原の戦いで秀秋を徳川方へ寝返りさせた。その功により1万石をあたえられ,慶長12年十七条藩主。2万石に加増され,元和(げんな)4年越後(えちご)糸魚川(いといがわ)藩主,寛永4年下野(しもつけ)真岡(もおか)藩主稲葉家初代となる。寛永5年9月17日死去。58歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲葉正成の関連キーワード春日局(4)稲葉正純稲葉正休堀田正盛斎藤利三稲葉正勝いこの局

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android