コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉正成 いなば まさなり

1件 の用語解説(稲葉正成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉正成 いなば-まさなり

1571-1628 江戸時代前期の大名。
元亀(げんき)2年生まれ。美濃(みの)十七条城主林政秀の次男。稲葉重通(しげみち)の養子。妻の福(春日局(かすがのつぼね))との間に正勝らをもうけた。小早川秀秋につかえ,関ケ原の戦いで秀秋を徳川方へ寝返りさせた。その功により1万石をあたえられ,慶長12年十七条藩主。2万石に加増され,元和(げんな)4年越後(えちご)糸魚川(いといがわ)藩主,寛永4年下野(しもつけ)真岡(もおか)藩主稲葉家初代となる。寛永5年9月17日死去。58歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲葉正成の関連キーワード井上正就菅原玄同末次平蔵氏家卜全和田惟政小野忠明崇禎帝チャールズ鄭芝竜名古屋玄医

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

稲葉正成の関連情報