コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉道通 いなば みちとお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉道通 いなば-みちとお

1570-1608* 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
元亀(げんき)元年生まれ。稲葉重通の子。文禄(ぶんろく)2年兄利貞(牧村政治(まさはる))の遺領2万石をつぎ,伊勢(いせ)(三重県)岩出(いわで)城主。伏見城の工事にあたり,豊臣秀吉より5000石余の加増をうける。関ケ原の戦いで徳川方に属して功をたて,慶長5年伊勢田丸藩主稲葉家初代となる。4万5700石。慶長12年12月12日死去。38歳。美濃(みの)(岐阜県)出身。名は「つねみち」ともよむ。

稲葉道通 いなば-つねみち

いなば-みちとお

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

稲葉道通の関連キーワード稲葉紀通いなば

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android