稲飯命(読み)いなひのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲飯命 いなひのみこと

記・紀にみえる神。
鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)の第2子。母は玉依姫(たまよりひめ)。末弟の神武天皇らと日向(ひゅうが)から海路東征にむかう。熊野灘暴風にあい,海神の母のもとにいくといって入水(じゅすい)したという。「古事記」では稲氷命。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android