鸕鷀草葺不合尊(読み)うがやふきあえずのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「鸕鷀草葺不合尊」の解説

鸕鷀草葺不合尊 うがやふきあえずのみこと

にみえる神。
彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)・豊玉姫の子。の妹玉依(たまより)を妻とし,神武天皇が生まれたという。名前は母が海辺に産屋(うぶや)をつくり,鵜(う)の屋根をふこうとしたところ,ふきおわらないうちに生まれたことによる。宮崎県鵜戸(うど)神宮祭神。「古事記」では鵜葺草葺不合命

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「鸕鷀草葺不合尊」の解説

うがやふきあえず‐の‐みこと うがやふきあへず‥【鸕鷀草葺不合尊】

記紀などに見える神。彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)の子。母は豊玉姫。神武天皇、五瀬命(いつせのみこと)。彦波斂武(ひこなぎさたけ)鸕鷀草葺不合尊。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「鸕鷀草葺不合尊」の解説

うがやふきあえずのみこと【鸕鷀草葺不合尊】

記紀神話に登場する神。火遠理命(ほおりのみこと)と海神の娘豊玉姫(とよたまひめ)の子。鵜の羽で葺(ふ)いた産屋(うぶや)がすべて葺き終わらぬうちに生まれたための名であるという。おそらく,ウブヤの意味のウムガヤ(産むが屋)が転化してウガヤとなり,そこから〈鵜の羽を葺草(かや)にして〉(《古事記》)の説話が生まれたらしい。この神は玉依姫(たまよりひめ)をめとって神武天皇を生む。【武藤 武美】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android