鸕鷀草葺不合尊(読み)ウガヤフキアエズノミコト

  • うがやふきあえずのみこと うがやふきあへず‥
  • うがやふきあえずのみこと〔うがやふきあへず〕
  • 鸕鷀草葺不合尊 うがやふきあえずのみこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

記・にみえる神。
彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)・豊玉の子。母の妹玉依(たまより)姫を妻とし,神武天皇が生まれたという。名前は母が海辺に産屋(うぶや)をつくり,鵜(う)の屋根をふこうとしたところ,ふきおわらないうちに生まれたことによる。宮崎県鵜戸(うど)神宮祭神。「古事記」では鵜葺草葺不合命

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

記紀神話に登場する神。火遠理命(ほおりのみこと)と海神の娘豊玉姫(とよたまひめ)の子。鵜の羽で葺(ふ)いた産屋(うぶや)がすべて葺き終わらぬうちに生まれたための名であるという。おそらく,ウブヤの意味のウムガヤ(産むが屋)が転化してウガヤとなり,そこから〈鵜の羽を葺草(かや)にして〉(《古事》)の説話が生まれたらしい。この神は玉依姫(たまよりひめ)をめとって神武天皇を生む。【武藤 武美】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

記紀などに見える神。彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)の子。母は豊玉姫。神武天皇、五瀬命(いつせのみこと)の父。彦波斂武(ひこなぎさたけ)鸕鷀草葺不合尊。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android