入水(読み)ジュスイ

  • ▽入水
  • にゅうすい
  • にゅうすい ニフ‥
  • にゅうすい〔ニフ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)水中に身を投げて自殺すること。みなげ。にゅうすい。「入水して果てる」
[名](スル)
水にはいること。「入水前の準備運動」
水の中に身を投じて死ぬこと。じゅすい。「入水自殺」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
水中に飛び込んで自殺すること。身投げ。にゅうすい。 -自殺
スル
水にはいること。
水中に身を投げて自殺すること。入水じゆすい -自殺

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「じゅ」は「入」の慣用音) 人や物が水にはいること。特に、人が死ぬために、水中に身を投げること。投身。にゅうすい。
※明月記‐元久二年(1205)正月二一日「越部庄運上舟入水 物忩之余歟」
※談義本・根無草(1763‐69)前「船中俄にさわぎたち、八重桐入水(ジュスイ)と声々にいへど」
〘名〙 水の中にはいること。特に、人が死ぬために、水中に身を投げること。じゅすい。
※浮世草子・好色五人女(1686)三「二人都への書置残し入水(ニウスイ)せしといはせて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の入水の言及

【捨身】より

…仏教で,身を捨てて他の生物を救い,仏に供養する布施行の一つ。捨身の方法は焚身,入水(経典に証例なく,日本にとくに多い),投身,断食,頸縊,自害などがあった。薬王菩薩の焼身(《法華経》),薩埵(さつた)太子の捨身飼虎(《金光明経》),雪山(せつせん)童子の捨身羅刹(らせつ)(北本《涅槃経》)は著名。…

※「入水」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

入水の関連情報