コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稽主勲 けい しゅくん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稽主勲 けい-しゅくん

?-? 奈良時代の仏師。
稽文会(もんえ)とともに神亀(じんき)4年(727)大和(奈良県)長谷寺十一面観音像をつくったとつたえられる。文会の子ともされる。ふたりの実在の確証はない。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

稽主勲

奈良時代の仏師。神亀年間(724~729)に稽文会と共に,奈良長谷寺の十一面観音像を造ったと伝えられている。現存する大阪・葛井寺の千手観音像も両者の作とされているが,確証はまったくなく,その存在も伝説の域を出ない。

(浅井和春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone