コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稽主勲 けい しゅくん

2件 の用語解説(稽主勲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稽主勲 けい-しゅくん

?-? 奈良時代の仏師。
稽文会(もんえ)とともに神亀(じんき)4年(727)大和(奈良県)長谷寺十一面観音像をつくったとつたえられる。文会の子ともされる。ふたりの実在の確証はない。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

稽主勲

奈良時代の仏師。神亀年間(724~729)に稽文会と共に,奈良長谷寺の十一面観音像を造ったと伝えられている。現存する大阪・葛井寺の千手観音像も両者の作とされているが,確証はまったくなく,その存在も伝説の域を出ない。

(浅井和春)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稽主勲の関連キーワード大仏師神武寺荒雄小鯛王小治田広耳百済倭麻呂稽文会源次守部大隅