穀屋(読み)こくや

精選版 日本国語大辞典「穀屋」の解説

こく‐や【穀屋】

〘名〙
穀物を収納したり保管したりする建物。穀物倉。
※高野山文書‐慶長一二年(1607)一二月一三日・諸寺諸社造営目録「石山寺建立、其外於高野、一切経蔵等、骨堂、穀屋以下作事」
② 穀物を売買する家。また、その人。
※洒落本・風俗八色談(1756)四「四十八夜があれば、こく屋の世話をやき」
③ 田舎まわりの芸人などの宿を引きうけること、また、その宿をいう、人形浄瑠璃社会の隠語。〔滑稽本・狂言田舎操(1811)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「穀屋」の解説

こく‐や【穀屋】

穀物の売買をする店。また、その人。
次男縁家えんかの—へ養子に行き」〈芥川
穀物を収納したり保管したりする建物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android