コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経蔵 きょうぞうsūtra-piṭaka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経蔵
きょうぞう
sūtra-piṭaka

仏教の典籍は,(1) 仏陀の言葉の集成である,(2) 修行者のとるべき行動,態度を規定した律,(3) 仏教教理の説明,解釈,研究の集成である論の3種類に分類され,三蔵というが,その第1のもの。たとえばスリランカなどの仏教の経蔵は長部 Dīgha-nikāya,中部 Majjhima-nikāya,相応部 Saṃyutta-nikāya,増支部 Aṅiguttara-nikāya,小部 Khuddaka-nikāyaの5部に整理されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

きょうぞう【経蔵】

〘仏〙
三蔵の一。釈迦の説いた教説の総称。
一切経いつさいきようなどの経典を納める建物。経堂。経楼。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の経蔵の言及

【三蔵】より

…サンスクリットのtripiṭakaの漢訳で,仏教の聖典を経蔵・律蔵・論蔵の3種に分類したときの総称。蔵の原語であるpiṭakaとは,ものを入れる籠のこと。…

【書庫】より

…書物を保存格納しておく倉庫。〈文庫〉ともいい,古くは〈文殿〉〈経蔵〉などとも称した。これに相当するラテン語,英語bibliotheca,ドイツ語Bibliothek,フランス語bibliothèqueなどはいずれもギリシア語bibliothēkēにもとづく。…

【図書館】より

…このような気運のもとで,多くの図書を集め多くの人の閲覧に供するという狭義での図書館も誕生することになった。聖徳太子の夢殿,大宝令の規定に見える中務(なかつかさ)省の図書(ずしよ)寮,東大寺など大寺に付設された経蔵,さらには吉備真備(きびのまきび)や玄昉(げんぼう)など知識人の私的な文庫も広義の図書館と考えることができるが,一般には石上宅嗣(いそのかみのやかつぐ)が奈良の地において,私邸に阿閦(あしゆく)寺を建立し,その境内に芸亭(うんてい)と称する書斎を設け公開したものが日本における公開図書館の発祥とされる(8世紀後半)。また,菅原道真はその書斎文庫の紅梅殿(こうばいどの)を他人にも公開したといわれる。…

※「経蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

経蔵の関連キーワードワットヤイスワンナーラーム京都府京都市東山区林下町ワットトゥンシームアン長野県長野市長野元善町奈良県奈良市法華寺町新潟県十日町市上野甲華厳寺(中国)三蔵(仏教)武蔵国分寺跡絮柳館髪兒丸如是我聞七堂伽藍海竜王寺校倉造り大長寿院元芳正楞阿毘達磨骨寺村安国寺千林尼

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経蔵の関連情報