コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積分回路 せきぶんかいろintegrating circuit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積分回路
せきぶんかいろ
integrating circuit

出力電圧が入力電圧の積分値に比例するような回路で,計測,制御用回路やアナログ演算回路の中に用いられる。基本回路は,抵抗 R とコンデンサ C を用いた RC 積分回路であるが,このままでは出力が小さく,また誤差を伴うので,演算増幅器を入れて正確な積分回路にする。積分の初期値を設定するためには,補助スイッチ回路を付加する。積分回路は低域通過型のろ波特性をもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

積分回路【せきぶんかいろ】

出力信号が入力信号の積分形を示す回路。積分値を得る簡単な例として,コンデンサーが挙げられる。コンデンサーに電流を流入させると電荷が蓄積され,その量に応じてコンデンサーの両端に電圧が発生する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の積分回路の言及

【演算回路】より

…図2ではR1R2R3R4なら+端子はe2/2となり,-端子がこれに等しくなるためe1e2/2=e2/2-e3からe3e2e1となり減算回路が得られる。図3で,例えば単位関数入力が印加されれば,これにより-端子に流入する電流は一定値となるので,出力eoutCを通してこれをつねに流出させなければならないので,eoutは一様に下降するeinの積分波形となり積分回路が得られる。【川又 晃】。…

※「積分回路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

積分回路の関連キーワード保護リレーパルス回路鋸歯状波補償要素

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android