コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演算増幅器 エンザンゾウフクキ

3件 の用語解説(演算増幅器の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんざんぞうふく‐き【演算増幅器】

オペアンプ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えんざんぞうふくき【演算増幅器 operational amplifier】

もとはアナログ計算機の利得ブロックとして標準化された直流増幅器であるが,集積回路技術の進歩によりIC化演算増幅器高性能で安価に供給されるようになったため,アナログ信号の汎用(はんよう)増幅器として広く用いられている。正相と反転の二つの入力端子とシングルエンド形の一つの出力端子をもち,正負の電源で駆動されるのが標準形である。直結形の回路を用い,直流信号から高周波まで増幅できる。低周波の電圧利得は105倍以上あり,ネガティブフィードバックをかけても安定なように一次おくれの周波数特性をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

演算増幅器
えんざんぞうふくき

アナログコンピュータに用いる高精度で増幅度のきわめて大きい増幅器。本来は微弱な電気信号を大きく拡大する機能をもつことを意味しているが、アナログコンピュータではフィードバック回路に組み込んで用いられ、出力信号は入力側に逆戻りさせられる。また、フィードバック回路に抵抗や容量を接続することにより、入力信号を積分する回路になったり、いくつかの入力信号を加算する回路になったりする。増幅度が大きいほど、この回路の精度がよくなるが、動作を安定させるためにいろいろな付加回路が付け加えられる。[小野勝章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の演算増幅器の言及

【アナログコンピューター】より

…もっとも広く用いられたアナログコンピューターは数値を電圧などの電気量に置き換えて計算し,解は電気量と時間の関係で示される。また,各演算器が演算増幅器operational amplifierを中心に,たとえば積分器,加算器,掛算器などのように計算内容別に用意されており,与えられた問題(主として微分方程式の解法に適する)に対応させて,これらを接続して計算を行えば求める解が得られる。このとき各演算器はすべて同時に並列して計算が行われるので計算速度がきわめて速い。…

※「演算増幅器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone