積学(読み)セキガク

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐がく【積学】

〘名〙 学問のを積むこと。また、その人。
※経国集(827)序〈滋野貞主〉「既而太上聖皇、推玉璽而蹤寂。皇帝叡主、受昭華而徳隆。共勉積学之添一レ明、同要博文之助一レ道」 〔後漢書‐楽羊子妻伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報