修学(読み)しゅがく

精選版 日本国語大辞典「修学」の解説

しゅ‐がく【修学】

〘名〙 (「しゅ」は「修」の呉音)
※廬山寺文書‐天祿三年(972)五月三日・天台座主良源遺告「諸同法宜知之時々相問寒温尤佳之、明豪頗有修学之志」
② 処世のための工夫・才覚。
※浮世草子・懐硯(1687)五「我はじめは身体(しんだい)人にまけず、ゆづり銀三百貫目ありしを、修学(シュガク)あしく次第にへりて」

しゅう‐がく シウ‥【修学】

〘名〙 学校に入って学問すること。しゅがく。
※文部省布達第五十一号‐明治六年(1873)四月一七日「大中小学に拘らず其修学の年間と進級の次第と比較して学術非凡優等なるもの」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉四「ある大学の門に入りて、脩学(シウガク)おこたりなかりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「修学」の解説

しゅう‐がく〔シウ‐〕【修学】

[名](スル)学問をおさめること。学んで知識を得ること。しゅがく。「子弟を英国で修学させる」「修学資金」

しゅ‐がく【修学】

しゅうがく(修学)」に同じ。
世渡りの工夫・才覚。
「ゆづり銀三百貫目ありしを、―あしく次第に減りて」〈浮・懐硯・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android