積層加工(読み)せきそうかこう(英語表記)lamination

翻訳|lamination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

積層加工
せきそうかこう
lamination

紙に特定の品質を付与するために,同種あるいは異種の紙または板紙プラスチックフィルムなどを各種の接着剤で張合せて,2層以上の層状物を形成する加工法をいう。外観や片面の印刷性の向上を要する包装材料,片面に耐水性や耐油性を要求される包装材料や建築材料石膏ボード化粧板などの製造工程に応用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android