コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積木くずし つみきくずし

知恵蔵miniの解説

積木くずし

非行に走った娘と、それを更生させるまでの両親の格闘の日々をつづった俳優・穂積隆信の体験記。1982年に出版され、300万部を超える大ベストセラーとなった。翌83年にTBS連続ドラマ化され、穂積の娘役を高部知子が熱演し、最終回には民放ドラマ歴代最高視聴率の45.3%(関東地区)を記録。同年には映画も公開され、非行の代名詞となるほどの社会現象を巻き起こした。しかし、この「積み木くずし」のブームによって再び娘が非行に走り、一家は崩壊。夫婦の離婚、妻の自殺、娘の突然死といった、家族のその後がつづられた続編が出版された。この続編は2005年、フジテレビにて安達祐実を娘役とし、ドラマ化された。12年、一連のシリーズの完結作「積木くずし最終章」が出版され、11月23、24日に2夜連続スペシャルドラマ(午後9時)として同局で放送されることが決定。妻子の死後に判明した一家の真実に迫る今作では、娘を成海璃子、父親を中村雅俊、母親を高島礼子が演じる。

(2012-11-6)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

積木くずしの関連情報