コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積算線量 セキサンセンリョウ

デジタル大辞泉の解説

せきさん‐せんりょう〔‐センリヤウ〕【積算線量】

ある地点で一定期間に外部から受ける放射線の総量。空気中の放射線を常時監視するモニタリングポスト放射線治療・診断を行う医療施設などで測定される。単位はシーベルトまたはグレイ。→空間放射線量率
[補説]国際放射線防護委員会(ICRP)は、人が受ける年間積算線量の許容量として、平常時は1ミリシーベルト以下、原子力事故などの緊急時は20~100ミリシーベルト、事故後の復旧期は1~20ミリシーベルトとする指標を示している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

積算線量の関連キーワード熱ルミネセンス線量計避難指示解除準備区域国際放射線防護委員会特定避難勧奨地点計画的避難区域東日本大震災居住制限区域空間積算線量モニタリング帰還困難区域補説

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

積算線量の関連情報