コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積算線量 セキサンセンリョウ

デジタル大辞泉の解説

せきさん‐せんりょう〔‐センリヤウ〕【積算線量】

ある地点で一定期間に外部から受ける放射線の総量。空気中の放射線を常時監視するモニタリングポスト放射線治療・診断を行う医療施設などで測定される。単位はシーベルトまたはグレイ。→空間放射線量率
[補説]国際放射線防護委員会(ICRP)は、人が受ける年間積算線量の許容量として、平常時は1ミリシーベルト以下、原子力事故などの緊急時は20~100ミリシーベルト、事故後の復旧期は1~20ミリシーベルトとする指標を示している。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

積算線量の関連情報