コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

積算線量 セキサンセンリョウ

1件 の用語解説(積算線量の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せきさん‐せんりょう〔‐センリヤウ〕【積算線量】

ある地点で一定期間に外部から受ける放射線の総量。空気中の放射線を常時監視するモニタリングポスト放射線治療・診断を行う医療施設などで測定される。単位はシーベルトまたはグレイ。→空間放射線量率
[補説]国際放射線防護委員会(ICRP)は、人が受ける年間積算線量の許容量として、平常時は1ミリシーベルト以下、原子力事故などの緊急時は20~100ミリシーベルト、事故後の復旧期は1~20ミリシーベルトとする指標を示している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

積算線量の関連キーワード環境放射線外憂原子病放射線許容量生殖不能放射線殺虫入射角法則ヒール効果有利係数残留放射線

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

積算線量の関連情報