コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴山氏 あなやまうじ

世界大百科事典 第2版の解説

あなやまうじ【穴山氏】

甲斐の中世武士。武田氏の一族。南北朝時代に甲斐守護武田信武の子義武が,巨摩郡穴山に拠って穴山を称したのに始まる。1418年(応永25)に穴山氏を継いだ武田信介は,南部氏にかわって河内に進出した。信友(1504‐60)の代に居館を南部から下山に移し,河内領の一円支配をなした。ついで信君(梅雪)は駿河江尻城主として庵原郡一帯を兼帯し,武田氏の親族として大きな勢力をもった。その子勝千代が1587年(天正15)16歳で没し,家は断絶した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

穴山氏の関連キーワード甲斐金山遺跡早川[町]穴山信君河尻秀隆