コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穴山氏 あなやまうじ

1件 の用語解説(穴山氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

あなやまうじ【穴山氏】

甲斐の中世武士。武田氏の一族。南北朝時代に甲斐守護武田信武の子義武が,巨摩郡穴山に拠って穴山を称したのに始まる。1418年(応永25)に穴山氏を継いだ武田信介は,南部氏にかわって河内に進出した。信友(1504‐60)の代に居館を南部から下山に移し,河内領の一円支配をなした。ついで信君(梅雪)は駿河江尻城主として庵原郡一帯を兼帯し,武田氏の親族として大きな勢力をもった。その子勝千代が1587年(天正15)16歳で没し,家は断絶した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

穴山氏の関連キーワード向阿武田武田菱石原主膳宇佐美正安国久小宮山友晴武田氏信武田信吉辻盛昌

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone