コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

下山 しもやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

下山
しもやま

愛知県北部,豊田市南部の旧村域。美濃三河高原南東部にある。 1906年村制。 1956年額田郡下山村の一部を編入。 2005年豊田市に編入。林野大部分を占め,人工造林や共有林が多い。高原を利用する農業もあるが兼業化が進み,周辺都市の自動車関連工場へ通勤する人が多い。人造三河湖 (巴川貯水池) は,もみじ狩りやマス釣りでにぎわう。愛知高原国定公園および天竜奥三河国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

げ‐ざん【下山】

[名](スル)《「げさん」とも》
山を下りること。「全員が無事下山する」⇔登山
寺で一定期間修行したのち、俗世間に出てゆくこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

げざん【下山】

( 名 ) スル
〔「げさん」とも〕
山を下りること。 ↔ 登山 「無事-する」
寺にこもって修行していた者が俗世間へ出ていくこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

下山
しもやま

愛知県中東部、東加茂(ひがしかも)郡にあった旧村名(下山村(むら))。現在は豊田(とよた)市の南東部を占める一地区。下山の地名は『和名抄(わみょうしょう)』の信茂(しも)郷による。2005年(平成17)豊田市に編入。国道301号、420号、473号が走る。三河山地上の小盆地で林野率70%以上、盆地内には水田もある。矢作(やはぎ)川の支川巴(ともえ)川上流の羽布(はぶ)ダム(三河湖)は農業用水に利用され、観光地(釣りやボート遊び)ともなっている。三河高原牧場もある。また、野原川の渓流でもマス釣りができる。特産物は下山茶、シクラメン。豊田市の中心市街一帯への通勤者が増え兼業農家化が進んでいる。[伊藤郷平]
『『下山村誌』(1962・下山村) ▽『下山村史』(1986~ ・下山村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

下山の関連キーワードシアワセのヨッチョレヨ!!手裏剣戦隊ニンニンジャー富山県下新川郡入善町下山富山県下新川郡入善町しもやまちどりちゃんリップバンウィンクル馬瀬 美輝の里御嶽教・御岳教下山千歳白菜西土佐[村]中尾 駿一郎日本の黒い霧矢田 喜美雄野田 金次郎八十島信之助甲賀忍法帖野田金次郎下沢木鉢郎万場[町]

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下山の関連情報