コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空城計 くうじょうけい Kōng chéng jì

1件 の用語解説(空城計の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くうじょうけい【空城計 Kōng chéng jì】

中国,京劇の演目。《三国演義》にもとづく。蜀将・馬謖(ばしよく)は諸葛孔明の命を聞かず,魏将・司馬懿(しばい)に敗れて街亭を失う。孔明はその報せに驚いたが,司馬懿の軍勢は早や西城に迫った。窮余の一策,四面の城門を開き,城楼に上って酒を酌み,静かに琴をかき鳴らす。司馬懿は伏兵あるとみて退却するが,空城の計と知って再び攻め寄せれば,すでに趙雲の援軍がおり,また戦わずして退く。この弾琴の場は京劇中名場面として名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

空城計の関連キーワード三国志演義根拠に基づく医療演義川劇『三国志演義』シューマン, クララ:ベッリーニの「海賊の歌」にもとづくピアノの為の演奏会用変奏曲/piano solo

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone