コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西城 さいじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西城
さいじょう

広島県北東部,庄原市北東部の旧町域。江川の支流西城川流域にある。 1898年町制。 1954年八鉾村と合体。 2005年庄原市,総領町,東城町,口和町,高野町,比和町の1市5町と合体して庄原市となった。大部分が中国山地で,中央の西城川流域に中心集落の西城がある。東の東城に対する町で,中世の防御地に起源をもつ。周辺は比婆牛の飼育が行なわれるほか,木材産出も多い。北部山地は比婆道後帝釈国定公園に属し,比婆山 (1250m) ,道後山 (1271m) への登山口。熊野の大トチ,比婆山のブナ純林はともに国指定天然記念物。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西城
さいじょう

広島県北東部、比婆(ひば)郡にあった旧町名(西城町(ちょう))。現在は庄原(しょうばら)市の一地区。中国山地、西城川上流域にある。旧西城町は1898年(明治31)町制施行。1954年(昭和29)八鉾(やほこ)村と合併。2005年(平成17)庄原市に合併。JR芸備線が通じ、備後落合(びんごおちあい)駅で木次(きすき)線を分岐し、また国道183号と314号が交差する。農業中心で、米作のほか、ヤマノイモ、カキ(西条柿)、シイタケ、青ネギなどの栽培が行われ、比婆牛の飼育でも知られる。北部の鳥取・島根県境には道後(どうご)山、比婆山がそびえ、比婆道後帝釈(たいしゃく)国定公園をなしている。比婆山のブナ純林、熊野の大トチは国指定天然記念物。また、比婆荒神神楽(かぐら)が国の重要無形民俗文化財に指定されている。[北川建次]
『『西城町誌』全2巻(2005・西城町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西城の関連キーワードケアレス・ウィスパーローラの傷だらけしあわせの一番星バーモント秀樹庄原の集中豪雨Y.M.C.A落合縫殿助正永埼玉県蓮田市城おれの行く道比婆荒神神楽中津井 真口和[町]総領[町]庄原[市]スキー正宗西城〈町〉厳島の本地西城[町]燕下都遺跡ゲッベルス

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西城の関連情報