コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬謖 ばしょく Ma Su

4件 の用語解説(馬謖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬謖
ばしょく
Ma Su

[生]初平1(190)
[没]建興6(228)
中国,三国時代蜀漢の武将。襄陽 (湖北省) の人。字は幼常。5人兄弟で,ともに名声が高かった。謖は荊州従事の職にあったとき,劉備に仕えた。特に諸葛亮 (しょかつりょう) にその才能を愛され,常に亮に従っていたが,街亭の戦いで亮の指揮に従わず敗れ,その責任を問われて刑死した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ば‐しょく【馬謖】

[190~228]中国、三国時代蜀漢(しょっかん)の武将。字(あざな)は幼常。諸葛亮(しょかつりょう)に重用され、先鋒の総大将に任ぜられたが、軍令に背いて戦い敗北したので、軍律に従い、亮が涙をふるい処刑したという「泣いて馬謖を斬る」の故事で知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ばしょく【馬謖】

190~228) 中国、三国時代の蜀しよくの武将。字あざなは幼常。雲南討伐に活躍、諸葛亮しよかつりようの信任をうけ参軍となる。街亭の戦いで命令に背いて戦略を誤り魏軍に大敗したため、軍律により亮は泣いて馬謖を斬ったという。 → 泣いて馬謖を斬る(「泣く」の句項目)

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

馬謖
ばしょく
(190―228)

中国、三国蜀(しょく)の武将。字(あざな)は幼常。襄陽(じょうよう)宜城(ぎじょう)(湖北(こほく)省宜城県)の人。兄弟は5人あり、いずれも名声を得ていた。たとえば兄はのちに蜀の侍中となった馬良。馬謖は劉備(りゅうび)が荊(けい)州牧を称したおり、召応されてその従事となった。劉備に従って蜀に入り、県令、郡守を歴任した。才知に富み、軍計を論ずるのを好んだため、丞相(じょうしょう)の諸葛亮(しょかつりょう)(孔明(こうめい))に重用され、参軍に任じられた。祁山(きざん)の戦いの際には、宿将の魏延(ぎえん)や呉壱(ごいち)を差し置いて抜擢(ばってき)され、軍の先鋒(せんぽう)となった。しかし、規律に違反し、街亭において張(ちょうこう)の率いる魏軍に大敗したため、責任を問われて投獄され没した。一説には、孔明自らが馬謖を殺して衆に謝ったとされ、「泣いて馬謖を斬(き)る」の故事はこれに発している。[上田早苗]
『渡邉義浩著、三国志学会監修『三国志研究入門』(2007・日外アソシエーツ) ▽干涛著、鈴木博訳『実録三国志』(2008・青土社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬謖の関連キーワード衛満アポロニウスソルビン酸2E上ノ国もんじゅ北前船 松前しりうちマセラティ228メルセデス・ベンツ190Eアマニ油

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

馬謖の関連情報