コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司馬懿 しばい Si-ma Yi; Ssǔ-ma I

6件 の用語解説(司馬懿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

司馬懿
しばい
Si-ma Yi; Ssǔ-ma I

[生]光和2(179)
[没]嘉平3(251)
中国,西晋 (→) の基盤を築いた武将。河内郡温県 (河南省) 出身。字は仲達。諡は宣帝。廟号は高祖。曹操に仕えて以後,魏において次第にその勢力を強めた。明帝のとき,蜀の諸葛亮の進攻に対抗するため出陣。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しば‐い【司馬懿】

[179~251]中国、三国時代の武将・政治家。河内(河南省)の人。字(あざな)は仲達。魏の曹操曹丕(そうひ)に信任され、明帝により大将軍に任ぜられた。のち、曹爽(そうそう)・何晏(かあん)を殺して魏の政権をとり、孫の司馬炎を建国する基礎を築いた。宣帝。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

司馬懿【しばい】

中国,三国のの権臣。字は仲達。曹操より4代に仕え,諸葛孔明との交戦,遼東の公孫氏討滅など,大功があった。孫の司馬炎(武帝)は(西晋)を開いた。のち高祖宣帝と追尊された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しばい【司馬懿 Sī mǎ Yì】

179‐251
中国,三国の将軍。晋朝建国の基礎を固めたので,のちに宣帝と追尊される。字は仲達。河内郡(河南省)温県の豪族。曹操の知恵袋といわれた荀彧(じゆんいく)の推薦で出仕し,ことに魏の文帝曹丕(そうひ)に重用されて,遺詔により明帝,叡(在位226‐239)を補佐すべき重臣に指定された。かくて呉,蜀に対する戦争指導の最高責任を負い,諸葛孔明の指揮する蜀軍と対決して,234年(青竜2)には五丈原で孔明を病死に追いこみ,蜀の脅威を根絶したあと,238年(景初2)には遼東太守の公孫淵を討って朝鮮半島北部に至るまで魏の版図を広げた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しばい【司馬懿】

179~251) 中国三国時代、魏の将軍・政治家。字あざなは仲達ちゆうたつ。蜀の諸葛亮の北征を五丈原にしりぞけ、のち魏の実権を掌握。孫の司馬炎(西晋の武帝)から宣帝と諡おくりなされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

司馬懿
しばい
(179―251)

中国、三国魏(ぎ)の武将。字(あざな)は仲達(ちゅうたつ)。河内(かだい)郡温(おん)県(河南(かなん)省温県)の人。崔(さいえん)・荀(じゅんいく)に評価されて曹操(そうそう)に仕えるが、才能を警戒され、高位につくことはなかった。魏の初代皇帝である文帝(ぶんてい)曹丕(そうひ)のときに、陳羣(ちんぐん)と並んで行政の最高位にのぼり、明帝(めいてい)曹叡(そうえい)のときに、撫軍(ぶぐん)大将軍に都督荊豫二州(ととくけいよにしゅう)諸軍事を加えられて、方面軍司令官としての資格を得、諸葛亮(しょかつりょう)(孔明(こうめい))に呼応して反乱を起こした孟達(もうたつ)を斬った。230年には大将軍・大都督(だいととく)となり、諸葛亮の侵攻を防ぐことを通じて軍事権を掌握し、234年には持久戦により、諸葛亮を五丈原(ごじょうげん)に陣没させた。遼東(りょうとう)の公孫(こうそん)氏を滅ぼしたのち、一時、曹室の権力の建て直しを目ざす曹爽(そうそう)に権力を奪われた。しかし、240年、正始(せいし)の政変により曹爽を打倒して権力を確立、王(おうりょう)の乱を未然に防ぎ、司馬氏の基盤をつくりあげた。オオカミのように後ろを振り返ることができる狼顧(ろうこ)の相で、顔だけを真後ろに向けることができたという。[渡邉義浩]
『渡邉義浩著『「三国志」軍師34選』(PHP文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の司馬懿の言及

【魏】より

…後をついだ子の曹丕(そうひ)がその年の10月,献帝の禅譲を受けて帝位に昇り,ここに後漢は滅んで,同じく洛陽を首都とする魏国が正式に成立した。曹丕(文帝)の次の明帝曹叡(そうえい)は高句麗を破り,独立していた公孫淵を滅ぼして,支配地域を遼東から北朝鮮に広げたが,やがて249年(嘉平1)以後,実権は司馬懿(しばい)父子の手に握られ,その意のままに天子の廃立が行われる状態になった。263年(景元4),魏は蜀を滅ぼして,これを併合したが,265年,元帝曹奐(そうかん)は司馬懿の孫の司馬炎に帝位を譲り,魏は5代45年で滅んだのである。…

※「司馬懿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

司馬懿の関連キーワード毌丘倹バイバルス基礎口を固める地固め道武帝臍を固める身を固めるメフメットオゴタイ・ハーン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

司馬懿の関連情報