コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空海母 くうかいの はは

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

空海母 くうかいの-はは

?-? 奈良-平安時代前期の女性。
讃岐(さぬき)(香川県)の阿刀真足(あとの-またり)の娘。佐伯田公(さえきの-たきみ)の妻。息子にあおうと女人禁制の高野山にのぼるが雷鳴と火の雨のためはたせず,空海の用意した山麓(さんろく)の慈尊院にすみ,死後同寺の廟(びょう)にまつられたという。慈尊院は女人高野として知られる。通称は阿古屋御前,あこう御前,玉依御前。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android