コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

空白域 クウハクイキ

大辞林 第三版の解説

くうはくいき【空白域】

地震が発生し得る場所でありながら、最近のある期間、地震が発生していない地域のこと。長期的な地震予知の対象となる地域である。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

空白域
くうはくいき

周辺の地域に比べて顕著に地震活動の低い地域。一定期間におきた地震の震央を地図上に示すと、このような地域は空白となることから名づけられた。しかし現在では地震予知の立場から、次のような意味で使われることが多い。すなわち、海溝に沿う地震帯などのプレート境界では、巨大地震の余震域が互いに重なり合うことなく、すきまを埋める。埋められないすきまの地域は空白域とよばれ、次の巨大地震が発生することが多い。なお、大地震の前には、その震源域内の地震活動が静穏化し、ドーナツ状の周辺域で活発化することが多い。この地震活動が低い地域を静穏域とよぶ。[島崎邦彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

空白域の関連キーワードドーナツ現象[地震]第一種地震空白域第二種地震空白域サイスミシティ地震前兆現象トルコ大地震メキシコ地震バンド理論気象観測対象

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空白域の関連情報