震央(読み)しんおう(英語表記)epicenter

  • しんおう ‥アウ
  • しんおう〔アウ〕
  • 震央 epicenter

翻訳|epicenter

世界大百科事典 第2版の解説

震源の真上の地表の点が震央である。震源の位置は震央の緯度,経度と震源の深さによって示される。なお,震央の位置を地名で示し,これを震源地ということがある。ふつうの地震では,震央付近がもっとも強く揺れ,震央からの距離とともに揺れは弱くなる。地震計がなかった昔の地震の震央は,この性質を利用して推定される。【宇津 徳治

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 地震で震源の真上にあたる地表上の地点。観測点から震央までの距離を震央距離という。
※地震学講話(1907)〈大森房吉〉六「震原の直上に当る地即ち震央にては先づ上下動を感じ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の震央の言及

【地震】より

震源とは震源域内で破壊が最初に発生した点であり,震源域の中心ではなく,縁に近いことが多い。震源の真上の地表の点を震央という。地震計による観測から求められるのは震源の位置(震央と震源の深さ)である。…

※「震央」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

震央の関連情報