コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

震央 しんおうepicenter

翻訳|epicenter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

震央
しんおう
epicenter

地震が発生した地下震源真上にあたる地球上の地点。新聞などに発表される震源地とは央のことである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐おう〔‐アウ〕【震央】

地震の震源の真上の地表点。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

震央【しんおう】

震源直上の地表点。震より地表のある観測点までの距離が震央距離で,ふつうキロメートル単位で,地球の球面に沿って測る。震央距離が1000〜1500km以上の遠地地震の場合は地球の中心角で測る。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんおう【震央 epicenter】

震源の真上の地表の点が震央である。震源位置は震央の緯度経度と震源の深さによって示される。なお,震央の位置を地名で示し,これを震源地ということがある。ふつうの地震では,震央付近がもっとも強く揺れ,震央からの距離とともに揺れは弱くなる。地震計がなかった昔の地震の震央は,この性質を利用して推定される。【宇津 徳治

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんおう【震央】

震源の真上の地図上の位置。緯度・経度で示される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の震央の言及

【地震】より

震源とは震源域内で破壊が最初に発生した点であり,震源域の中心ではなく,縁に近いことが多い。震源の真上の地表の点を震央という。地震計による観測から求められるのは震源の位置(震央と震源の深さ)である。…

※「震央」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

震央の関連キーワードモホロビチッチ不連続面ドーナツ現象[地震]マグニチュードメキシコ地震世界地溝系レーリー波関東大震災三陸沖地震火山性地震初動分布鳥取地震大森公式甘粛地震チリ地震安政地震大森房吉海底地震震源距離走時曲線異常震域