コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

巨大地震 きょだいじしんgreat earthquake

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

巨大地震
きょだいじしん
great earthquake

マグニチュードM)8規模以上の地震。従来 M7以上の地震を大地震と呼んでいたが,海溝周辺で発生する M8以上の地震はプレートの運動と直接に関連していることがわかり(→プレート境界地震),区別するようになった。また M9規模以上を超巨大地震といい,その大きさを表すには断層の規模に関係したモーメントマグニチュードMw)を用いることが多い。日本の周辺で起こる巨大地震は断層の長さが 100~200kmである場合が多いが,超巨大地震の場合 1000kmに達するものもある(→震源)。1950年以降,超巨大地震は 1960年のチリ地震Mw9.5),2004年のスマトラ島沖地震Mw9.0)など数回起こっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

巨大地震

非常に大きな地震。マグニチュード(M)上の定義はないが、普通M8.0以上、時にM7.8程度の地震まで含めることもある。巨大地震は、長さ100kmから数百kmの断層が動いて発生するので、その位置を1つの点(震源)で表すのは無理。歴史上最大の巨大地震は1960年チリ地震で、モーメント・マグニチュードは9.5、震源域寸法は1000km近くに達した。

(阿部勝征 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょだい‐じしん〔‐ヂシン〕【巨大地震】

非常に大きい地震。マグニチュード8以上の規模の地震。→マグニチュード

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょだいじしん【巨大地震】

大地震のうち、マグニチュードが八に近いか、またはそれより大きなもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の巨大地震の言及

【地震】より

…この揺れのことを地震動というが,一般には地震動のことも地震と呼んでいる。
[マグニチュードと震度]
 地震には,数百kmの範囲にわたって強い地震動をもたらし,大災害を生じるような巨大地震から,地震動は人体に感じられず,高感度の地震計だけが記録するような微小地震まで,大小さまざまなものがある。地震の大きさ(規模)はマグニチュードによって表示される。…

※「巨大地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

巨大地震の関連キーワード地震・津波観測監視システム(DONET)津波避難対策検討ワーキンググループ南海トラフ巨大地震対策特別措置法レベル1とレベル2の地震・津波美波町の南海トラフ地震被害想定南海トラフと安政東海・南海地震東海、東南海、南海地震カリフォルニア・ダウン大阪府の津波被害想定バイオレンスジャックアスペリティーモデル志賀原発2号機訴訟南海トラフ巨大地震避難者トリアージ国土強靱化基本法中部電力浜岡原発紀伊半島沖の地震南海トラフ地震津波警報注意報東海地震モデル

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

巨大地震の関連情報