空耳(読み)ソラミミ

デジタル大辞泉の解説

そら‐みみ【空耳】

実際にはない音や声が聞こえたように思うこと。「母の声がしたと思ったが、空耳だった」
聞いているのに聞こえないふりをすること。「空耳を走らす」「空耳を使う」
[補説]1で、外国語の歌詞などを日本語に聞きなすことを耳ということもある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そらみみ【空耳】

声や物音がしないのに聞いたように思うこと。 「声がしたようだが、-だったか」
聞こえても聞こえないふりをすること。 「 -を使う」
[句項目] 空耳を潰す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そら‐みみ【空耳】

〘名〙
① 音がしないのに、音が聞こえたように感じること。
※一条摂政集(961‐992頃)「そらみみかけさふくかぜのおときけばわれおもはるるこゑのするかな」
※能因本枕(10C終)三「夕つかた夜など、しのびたる郭公の、遠う空みみかとおぼゆるまでたどたどしきを聞きつけたらん」
② 聞いているのに聞かないふりをすること。
※四河入海(17C前)一九「此人の得ての事を、前でして見よ。そらならば、是を怪て、顧て聞事があるべきぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

空耳の関連情報