幻聴(読み)げんちょう

精選版 日本国語大辞典「幻聴」の解説

げん‐ちょう ‥チャウ【幻聴】

〘名〙 実際には聴覚を刺激するものがないのに、音や声が聞こえてくる知覚異常。慢性アルコール中毒統合失調症などにみられる。
煤煙(1909)〈森田草平〉二六「あの女は視や幻聴を持ってるのかも知れない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「幻聴」の解説

げんちょう【幻聴 auditory hallucination】

実際に音や声が出ていないのに音や声を聞くこと。自分に対する悪口や批判,命令の内容を持つ短いことばの人の声が多く,音などの要素的なものは少ない。声は耳だけでなく,頭や腹部にもきこえ,近くからも遠く宇宙からもきこえる。また声ははっきりときこえることもあれば,漠然ときこえることもあり,通常の声と同じこともあれば,人工的な声,機械を通した声であったりする。自分の考えていることが声になって聞こえてくるときは考想化声audition of thought,thought hearingといい,声としてよりも相手の考えが伝ってくると訴えるときは精神性幻覚という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の幻聴の言及

【幻覚】より

…外部からの刺激を誤って知覚するときは錯覚といい,幻覚と区別している。幻覚は知覚の種類にしたがって幻聴幻視,幻触,幻臭(嗅),幻味,体感幻覚などにわけられている。 幻聴は主として人の声が多く,自分に対する悪口,批判,命令の内容で,音が聞こえることはすくない。…

【精神分裂病】より

…街へ出ると,他人から変な目で見られ(注察妄想),あとをつけられ(追跡妄想),家では,食べものが変な味で(幻味),毒が入っていると思い(被毒妄想),食事をとらない(拒食)。自室にこもるようになるが(自閉),自分の悪口を言う声が聞こえ(幻聴),または自分の考えることが外から声として聞こえ(考想化声),自分のことが周囲に漏れていると感じ(考想伝播),動静がまわりの人にわかるのは部屋のどこかに盗聴器やカメラが仕掛けられているためと考える(説明妄想)。そのほか,行動が他人にあやつられ(させられ体験=作為体験),自分の考えが抜き取られ(思考奪取),他人の考えが吹き込まれる(思考吹入)と感じるなど,見えない相手に翻弄され,ときには興奮して突飛な行動に出たり,いっさいの自発性を失って昏迷状態に落ちこんだりする。…

※「幻聴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android