コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

窪田啓作 くぼた けいさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

窪田啓作 くぼた-けいさく

1920- 昭和-平成時代の詩人,翻訳家。
大正9年7月25日生まれ。窪田般弥(はんや)の兄。東京帝大在学中マチネ・ポエティク結成に参加。東京銀行につとめるかたわら,カミュ異邦人」「追放」など現代フランス文学を多数翻訳した。小説集に「掌」がある。昭和48年欧州東京銀行頭取。神奈川県出身。本名は開造。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

窪田啓作の関連キーワード加藤周一不条理窪田

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android