窮乏(読み)きゅうぼう

精選版 日本国語大辞典「窮乏」の解説

きゅう‐ぼう ‥バフ【窮乏】

〘名〙 ひどく貧しいこと。生活がひじょうに困すること。また、その者。貧乏極貧
※続日本紀‐慶雲三年(706)二月庚寅「自今以後、取中々以上戸之粟。以為義倉、必給他用
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉四「が父の窮乏甚しく、屡々盗を為さんことを」 〔孟子‐告子・上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「窮乏」の解説

きゅう‐ぼう〔‐ボフ〕【窮乏】

[名](スル)金銭物品が著しく不足して苦しむこと。「生活が窮乏する」
[類語]貧困貧苦困苦困窮貧窮貧乏困乏生活苦ひん赤貧極貧清貧じり貧貧寒じり安どか貧素寒貧すかんぴん不如意ふにょい文無もんな落ち目減退後退下火退潮尻すぼまり廃頽下り坂左前不振先細り下がり目低落廃る廃れる傾く寂れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android