コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立て花 たてばな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立て花
たてばな

古立華ともいう。生け花の初期の写実的様式。供花,装飾花,挿花から,作品を重視し,花を挿す行為の法式化が成立した室町時代末,15世紀後半~16世紀前半の生け花。形態を真,行,草に分けるとき,伝統的な供花 (三具足の挿花) は真として規則を重視し,作品観賞の挿花は行,草として自由な創作を認めた。立て花の名手には同朋立阿弥文阿弥,寺僧の専慶 (→池坊 ) らがおり,当時の花道界を2分した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

立て花の関連キーワード佐々木高氏トリトマ池坊専好池坊専慶池坊専応抛入花

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立て花の関連情報