コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立入奇一 たちいり きいち

1件 の用語解説(立入奇一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立入奇一 たちいり-きいち

1844-1895 幕末-明治時代の武士,政治家。
天保(てんぽう)15年4月生まれ。伊勢(いせ)津藩士。維新後,三重県庁にはいり,地租改正や諸規則の建白書を政府に提出。三重県会議員をへて,明治23年衆議院議員(当選2回)。また三重協同会を組織し,雑誌「勢海の灯」を発行した。明治28年2月5日死去。52歳。別名に上西庄五郎。号は痴堂。著作に「三重県会沿革集覧」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

立入奇一の関連キーワード谷勤山口直毅秋月種事犬丸石雄鈴木大中津大四郎中村修町田武須計山田平蔵柚原具致

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立入奇一の関連情報