立場茶屋・建場茶屋(読み)たてばちゃや

精選版 日本国語大辞典「立場茶屋・建場茶屋」の解説

たてば‐ちゃや【立場茶屋・建場茶屋】

〘名〙 (「たてばぢゃや」とも) 江戸時代、街道途中休息所にあって、人足や駕籠かき・馬などが休息する掛茶屋。明治以後は、人力車馬車などの発着所、または乗客・従業員などの休憩所となった。
滑稽本・笑註烈子(1782)五「万年屋といふ立場茶屋へ到り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android