コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人力車 じんりきしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人力車
じんりきしゃ

客を乗せ,人力で引張る2輪車。東京鉄砲洲の和泉要助と本銀町の高山幸助らが,舶来馬車の形から案出したもの。明治2 (1869) 年に試運転し,翌年3月に「新造車」として開業を出願した。まず日本橋のたもとに3台おいたという。初期のものは車体に4本柱を立てて屋根をかけ,幕などを張りめぐらした。翌4年に秋葉大助が車体を改良,蒔絵を散らした背板などをつくった。 1873年頃までに大流行し,全国に3万 4200両も普及したと記録されている。後年タイヤ車に改良され,さらに普及するとともに,中国,東南アジアにも洋車 (ヤンチョ,東洋=日本車) として多く輸出され,「ジンリキシャ」「リキシャ」の英語呼びまでできるほど普及した。 1900年3月には発明関係者が賞勲局から表彰されたりしたが,すでにその頃から日本では電車,自動車におされて衰微が始り,やがて花柳界など特殊な世界以外ではすたれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じんりき‐しゃ【人力車】

後ろの座席に人を乗せ、梶棒を両手で持ち、人の力で引く二輪車。明治2年(1869)和泉要助・高山幸助・鈴木徳次郎らが考案し、明治・大正にかけて盛んに利用された。力車

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

人力車【じんりきしゃ】

人を乗せて人力で引く車。人力,力車,俥(くるま)とも。1869年ごろ東京で和泉要助らが西洋馬車からヒントを得て考案。当初は木車で鉄輪。明治末ごろから車輪もゴムタイヤになり,主に旅客用に盛んに用いられたが,電車,自動車の発達により1920年代の半ばから利用が減り,現在では観光客向けのものがわずかに残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じんりきしゃ【人力車】

人を乗せて人力でひく車。単に人力,俥(くるま),あるいは人車(じんしや),腕車(わんしや),力車(りきしや)ともいう。1869年(明治2)東京日本橋で料理人をしていた和泉要助が蓮台(れんだい)や西洋の馬車にヒントを得て考案,知人の鈴木徳次郎,高山幸助との連名で,東京府に製造と輸送業務を出願して営業許可を得,翌70年3月,日本橋南詰西側の高札場のかたわらに〈御免人力車処〉ののぼりを出して営業を開始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じんりきしゃ【人力車】

客を乗せて、車夫が引く二輪車。1869年(明治2)高山幸助・和泉要助・鈴木徳次郎らが創案。じんりき。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人力車
じんりきしゃ

人を乗せ、車夫が引いて走る二輪車の総称。人力とも略称、俥(くるま)とも書く。1869年(明治2)、旧福岡藩士和泉(いずみ)要助、八百屋(やおや)鈴木徳次郎、車職高山幸助らが協力して発案。70年、東京で開業して以来、全国的に普及。東京だけで72年に1万1040台、76年には2万4470台と激増した。一部はヨーロッパやアジア諸国に輸出され、リキシャとよばれ海外でも名をはせた。車体は、秋葉大助(初代、2代)の苦心により改良が重ねられたが、胴(どう)(座席)、車輪、梶棒(かじぼう)、幌(ほろ)などから構成される基本は変わらなかった。胴は腰掛となる部分で、それには軽くて水に強いサワラ(椹)材が使用された。左右のわきに肘掛(ひじかけ)が、前方下部に乗客が足をのせる蹴込(けこみ)がつく。車輪は、当初荷車のようにカナワ(鉄輪)製で、引くとガラガラと音を立てたが、しだいに棒ゴムタイヤとなり、1912年(明治45)には空気入りゴムタイヤに改良された。梶棒は、車夫が手に握って引くため取り付けられたもので、かなりの重量に耐えられるよう、カシ(樫)材が好まれた。幌は胴に取り付けられ、乗客の雨よけ・日よけ用に不可欠なものとされた。胴の両側と前後および屋根に黒繻子(くろじゅす)を張った。雨降りには、これら全部を張り回したが、晴天時には横幌と前幌とを取り外せるようにしてある。車夫は、梶棒を地面につけた状態で人力車に乗客をのせ、梶棒を地面に水平になるようあげてから引く。この操作によって、車輪の心棒よりも前にあった重心が、心棒よりもやや後方に移動するわけで、いわゆるウシロニ(後荷)の軽い状態で引けるようくふうされていた。引き方には、抱え走り(ひっさげ走り)、槍持(やりもち)走りの別があり、車夫の装いは、ズン胴(鯉口(こいぐち))または腹当(はらあて)を着け、股引(ももひき)をはき、饅頭笠(まんじゅうがさ)をかぶり、草鞋(わらじ)または跣足袋(はだしたび)を履いた。雨天には合羽(かっぱ)を、雪中には手甲(てっこう)をつけた。駕籠(かご)にかわって明治期以降、幅広く各層の人々に親しまれ、乗り物の主流を占めてきたが、乗用自動車の普及に伴ってその地位を譲るに至った。[天野 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

人力車の関連キーワード引き子・挽き子・引子シドモア日本紀行飛び乗り・飛乗り差し引き・差引き人力車発祥の日リクショー乗合自動車挺・梃・丁駆けっ競ごっさい帰り車蹴込みゴム輪車引き辻待ち黄包車迎え車ペチャ抱え車立場

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人力車の関連情報