帳場(読み)チョウバ

とっさの日本語便利帳の解説

帳場

捜査本部。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうば【帳場】

商店・旅館・料理屋などで、帳簿をつけ勘定をする所。勘定場。会計場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帳場
ちょうば

商店や料理屋などで、主人や番頭が帳づけをしたり勘定をする所。普通はL字形やコの字形をした帳場格子の内側に帳場机を置き、筆、硯(すずり)、墨の入った引き出し付きの硯箱、大福帳、いろいろの出入帳、そろばん、両替屋では天秤(てんびん)ばかり、手あぶり、さらに貴重品を入れる帳場たんす、銭箱などが置かれていた。手代や小僧(丁稚(でっち))は帳場格子越しに主人や番頭と相対して話し合い、客も格子の中へは入れなかった。このような仕組みは江戸時代から行われ、大店(おおだな)は大店なりに、小商人もそれなりの帳場をもっていた。商家として帳場はもっとも重要な所であった。大福帳にはその店のすべての重要物件が記されているので、夜になって看板を下ろすと、帳場の帳面箱に鍵(かぎ)がかけられた。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐ば チャウ‥【帳場】

〘名〙
① 商店、旅館、料理屋などで、帳付けや勘定をする所。勘定場
※洒落本・通言総籬(1787)一「丁子屋だと帳場(テウバ)でしかられたといふかほだ」
② 吉原で、遣手(やりて)の部屋。また、遣手をもいう。
※人情本・春色恵の花(1836)二「二階の、トこゆびをいだして、帳場が居ないで丁度はなしをするのにもいいの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の帳場の言及

【帳場格子】より

…和風の商店,旅宿などの帳場(勘定や帳付をするところ)の三方を囲う細かいたて格子。結界ともいう。…

※「帳場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帳場の関連情報