コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花種恭 たちばな たねゆき

2件 の用語解説(立花種恭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花種恭 たちばな-たねゆき

1836-1905 幕末-明治時代の大名,華族。
天保(てんぽう)7年2月28日生まれ。立花種善の甥(おい)。立花種温(たねはる)の養子となり,嘉永(かえい)2年陸奥(むつ)下手渡(しもてど)藩(福島県)藩主立花家3代。幕府の若年寄,外国奉行,会計総裁などをつとめた。明治元年筑後(ちくご)(福岡県)三池に転封(てんぽう)。廃藩後は華族学校(現学習院)初代校長。子爵,貴族院議員。明治38年1月30日死去。70歳。通称は鐘之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

立花種恭

没年:明治38.1.30(1905)
生年:天保7.2.28(1836.4.13)
幕末の奥州下手渡藩(福島県)藩主,幕府官僚。嘉永2(1849)年藩主となる。大番頭を経て文久3(1863)年若年寄に上り,明治1(1868)年1月老中格,会計総裁となるが,徳川家の組織縮小に伴い罷免され同3月帰藩。次いで閏4月上洛。藩領の半分は筑後三池(福岡県)にあって,下手渡の藩士は奥羽越列藩同盟に参加,三池の藩士は新政府傘下にあり,藩は分裂。同年8月奥羽鎮撫の朝命を受けるが,これが同盟離脱とみなされ,仙台藩兵の攻撃で下手渡陣屋が焼失。翌9月三池に移る。明治2年三池藩知事。廃藩置県に伴い東京に移住。同10年華族学校(学習院)の初代校長。以来,宮内省用掛,貴族院議員などを歴任した。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立花種恭の関連キーワード福島栄春奥州総奉行下手糞阿部内膳阿部正静阿部正耆立花種温立花種善内藤政恒内藤政敏

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立花種恭の関連情報