コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三池 みいけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三池
みいけ

福岡県南西端,大牟田市有明海に臨む旧町域。1889年三池町,新町,歴木村,今山村が合体し三池町として町制施行。1941年大牟田市に編入。三池炭鉱の積出港として 1908年に竣工した三池港がある。同 1908年開港場に指定され,1951年重要港湾に指定,1971年三井鉱山から県に移管された。港は長い防波堤と干満の差を防ぐ閘門設備により,干潮時でも水深 9m以上を保つようにつくられている。対岸の島原との間に連絡船があり,雲仙への玄関口。2015年三池港が世界遺産の文化遺産に登録された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みいけ【三池】

福岡県大牟田市の地名。もと立花氏の城下町。明治以後、炭鉱町として発展。有明海岸の三池港が石炭の積み出し港。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三池【みいけ】

福岡県大牟田市と熊本県荒尾市にまたがる鉱工業地区。筑後川河口から有明海底に及ぶ第三紀始新世の地層に推定埋蔵量約20億tの三池炭田があり,三井鉱山三池炭鉱の三池鉱から高品位の粘結炭を産出。
→関連項目大牟田[市]益田孝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

みいけ【三池】

福岡県大牟田おおむた市の地名。もと炭鉱町・石炭の積み出し港として発展。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕三池(みいけ)


福岡県大牟田市にある地域名。
かつては三池藩陣屋町。三池港は有明海に臨む三池炭田の石炭積み出し港で、港は干満の差が大きいため閘門(こうもん)式。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

三池の関連キーワード大牟田市立三池カルタ・歴史資料館九州・山口の近代化産業遺産群印福岡県立三池工業高等学校与論島民の三池移住福岡県大牟田市三池万田坑と三角西港三井鉱山[株]大牟田(市)口之津[町]野田 卯太郎大牟田[市]三井三池争議永江 純一高田〈町〉宮川 睦男栗木 幹宮川睦男森崎和江三池高菜職場闘争

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三池の関連情報