立間祥介(読み)たつま しょうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「立間祥介」の解説

立間祥介 たつま-しょうすけ

1928-2014 昭和後期-平成時代の中国文学者。
昭和3年3月22日生まれ。慶大教授をへて,平成6年浜松大教授。「三国志」の研究で知られた。平成26年6月2日死去。86歳。東京出身。善隣外事専門学校卒。本名は祥介(よしすけ)。著作に「乱世を生きる―孫子」,訳書に「三国志演義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android