竜の子太郎(読み)たつのこたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜の子太郎 たつのこたろう

松谷みよ子の同名の童話の主人公。
山奥の寒村にすむ男の子。竜に化身した母をたずねて旅に出,天狗(てんぐ)から百人力をさずけられ,母と再会。親子で力をあわせて湖の水をほし,広大な田につくりかえる。作品は長野県各地につたわる小泉小太郎伝説をもとに昭和35年に創作された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

たつのこたろう〔たつのこタラウ〕【竜の子太郎】

松谷みよ子による長編の児童文学作品。日本各地の民話を下敷きに、竜になった母親を訪ねて旅をする少年、太郎の成長を描く。昭和35年(1960)、第1回講談社児童文学新人賞を受賞して刊行された。第8回産経児童出版文化賞および1962年の国際アンデルセン賞優良賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竜の子太郎の関連情報