コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜の子太郎 たつのこたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竜の子太郎 たつのこたろう

松谷みよ子の同名の童話の主人公。
山奥の寒村にすむ男の子。竜に化身した母をたずねて旅に出,天狗(てんぐ)から百人力をさずけられ,母と再会。親子で力をあわせて湖の水をほし,広大な田につくりかえる。作品は長野県各地につたわる小泉小太郎伝説をもとに昭和35年に創作された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

たつのこたろう〔たつのこタラウ〕【竜の子太郎】

松谷みよ子による長編の児童文学作品。日本各地の民話を下敷きに、龍になった母親を訪ねて旅をする少年、太郎の成長を描く。昭和35年(1960)、第1回講談社児童文学新人賞を受賞して刊行された。第8回産経児童出版文化賞および1962年の国際アンデルセン賞優良賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

竜の子太郎の関連キーワード朝比奈潔子マエダユミ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竜の子太郎の関連情報