コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜ノ口 タツノクチ

デジタル大辞泉の解説

たつのくち【竜ノ口】[地名]

神奈川県藤沢市片瀬の地名。鎌倉時代に刑場があり、日蓮法難、元使杜世忠ら処刑などの地。
東京都千代田区丸の内1丁目付近の旧称。江戸城西の丸下の和田倉門のあたり。堀の水が道三堀へ落ちる所に当たっていたのでいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たつのくち【竜ノ口】

神奈川県藤沢市江島対岸、片瀬川東岸の地名。鎌倉時代は刑場があり、1275年元使の首をはねた地。また、日蓮の法難の地として知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

竜ノ口の関連キーワード伊豆大島竜ノ口遺跡神奈川県藤沢市片瀬おもな講談の演目竜口(神奈川県)荒田目村喜惣次掛川動物群吉見義世鎌倉時代仙台城跡北条時行評定所青葉城開目抄光則寺三段峡目安箱勧工場斬罪刑場地名

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android